内臓と肌の関係

内臓と肌の関係

アトピー(atopic dermatitis)を塗り薬の力だけで良くしようとするには無理があると言わざるを得ません。生活習慣や趣味などライフスタイル全体の考えまで視野を拡げたような治療が必要です。貴方には、自分の内臓が元気だと言える自信がどれだけあるでしょうか?“ダイエットが成功しない”“肌が荒れる”といった美容トラブルにも、なんと内臓の動きが大きく関わっています!美容外科(plastic surgery)は、とどのつまり外科学の一種で、医療中心の形成外科学(plastic surgery、plastic…形を作る、surgery…外科)とは異なっている。加えて、整形外科学とも間違われることがよくあるがこれとは全く違う分野のものであるのです。
日本の医学界全体がクオリティ・オブ・ライフ(生活の質)を重視する空気に包まれており、市場経済の向上と医療市場の急速な拡大もあって、容貌を自分好みに変化させられる美容外科(Plastic Surgery)は今脚光を浴びている医療分野のひとつです。

メイクの短所

泣いた時にまるで修羅のような怖い顔になる。うっかりミスすると下品になってしまいみすみす地雷を踏んでしまうことになる。顔の造りをごかますのにも限界を感じること。