シミの原因について

シミの原因について

シミの原因はメラニンが過剰に生成されることにあります。メラニンはメラニンサイトで再生されていて、メラニンサイトの働きが活性化されてしまうと、メラニンの生成が進んでしまうというわけなんです。メラニンサイトの働きが活性化せれてしまう原因は次のようなものがあります。

 

紫外線

紫外線を浴びると、メラニンサイトが細胞を守ろうとして、活性化されてしまいメラニンを多く生成してしまいます。この時に肌に異常がおこると、メラニンサイトの働きが活性化された状態のままになってしまうので、シミになってしまうのです。

 

活性酸素

活性酸素が発生すると、これを取り除こうとして、「メラニンサイト刺激ホルモン」が分泌されます。そうすると、メラニンサイトが活性化されメラニンを過剰に生成してしまうのです。活性酸素を発生させる原因としては、睡眠不足、ストレス、紫外線、食品添加物、喫煙、飲酒、排気ガスなどがあります。

 

炎症

ニキビなどの炎症があると、肌の細胞がこれを直そうとして、新しい細胞を作ろうとする働きが活性化されます。しかしこの時に、メラニンサイトも活性化されてしまいメラニンを生成してしまうのです。そうすると色素沈着が起こり、シミになってしまうんですね。皮膚に炎症を起こさせる原因は、日焼け、摩擦、ニキビ、虫刺され、刺激の強い化粧品などがあります。

 

 

以上のようなことが原因でシミはできてしまいます。普段からできるだけ気を付けましょう!